消費者金融からお金を借りるときには総量規制がある

MENU

お金借りるときには総量規制に注意して

消費者金融からお金借りるときには、総量規制があります。
総量規制とは貸金業法にある法律の一つであり、個人が貸金業から借り入れができる金額を制限しているものです。
本人の年収の3分の1までと定められています。

 

総量規制の対象

1社の消費者金融から年収の3分の1まで借り入れができるということではありません。
対象となるのは、貸金業全体です。
消費者金融だけではなく、私たちの身近で考えるとクレジットカードのキャッシング枠も貸金業になります。

 

一方で銀行カードローンや、住宅ローンなどは対象ではありません。
貸金業だけが総量規制の対象になっています。

 

総量規制に基づく借入可能額

貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超えることはできません。
実際に見てみましょう!

 

年収300万円の場合です。
総量規制に基づき、貸金業からの借り入れ上限はその3分の1となる100万円になります。
A社から30万円、B社から30万円、C社から30万円、クレジットカードのキャッシング枠で10万円の借り入れがあるとすればそこで合計100万円です。
これで総量規制の上限に達したことになります。

 

理論上はこのようになっていますが、融資限度額が基準になります。
融資限度額とは、その範囲を自由に借入することができる範囲です。
そのため、実際の貸付け額ではなく融資限度額を考慮して消費者金融は審査を行います。
他社からの契約額つまり融資限度額を審査の対象として総量規制に抵触することのないように融資限度額が決められているということです。

 

 

実際の借入残高ではなく、融資限度額が総量規制に基づいた審査の対象となります。


 

専業主婦は借り入れができない?

総量規制では原則として本人の収入を対象としています。
それでは専業主婦は年収がないため消費者金融からの借り入れができないということになります。

 

実は専業主婦は消費者金融で借り入れができないと決められているものではありません。
確かに原則は本人の収入が対象となっているものの、配偶者との収入の合算もできます。
ただしその消費者金融が認める場合に限りという条件付きです。

 

現在は大手消費者金融を含めて、配偶者貸付を認めている消費者金融はほとんどありません。

 

 

専業主婦が消費者金融で借り入れをすることは難しく、銀行カードローンなど違う方法を考えましょう。


 

総量規制施行の理由

2010年以前、つまり総量規制が施行される以前には多重債務が社会問題ともなっていました。
過剰な金利、それによって支払いすぎる利息、そればかりではなく消費者金融の過剰貸し付けも問題になっていました。

 

そこで誕生したのが総量規制です。
個人の借り入れ上限を決めましたが逆に考えると、消費者金融の貸付額を制限したともいえます。

 

即日融資も可能な消費者金融となり、正当な金利で、貸付額も決まり、私たちは安全なキャッシングが出来る環境が整いました。
消費者金融にはどのような法律があるのか、これから利用する以上、知らべておくことも必要でしょう。