新生銀行カードローンレイクの無利息期間は長い

MENU

新生銀行カードローンレイクが向いている方

  • 5万円以内のキャッシング
  • ATM利用手数料を無駄にしたくない

 

消費者金融ではなく銀行カードローンとなったレイク、そこには金利が高いなどの評価があるものの業界最長の無利息期間という大きなポイントもあります。

 


⇒審査・申込はコチラ(公式サイト)

 

新生銀行カードローンレイクの無利息期間は長い

消費者金融の形を残したままの銀行カードローンとして考えると良いでしょう。
銀行カードローンと考えると金利が高く感じるはずです。
しかしメリットも多いレイクは未だ衰えない人気を持っています。

 

新生銀行カードローンレイクのメリット
無利息期間が長い
  180日間無利息 30日間無利息
無利息適用範囲

契約額1万円〜200万円の方
借入金額のうち5万円まで

借入額全額
適用開始 初めての契約翌日
通常金利のタイミング 5万円超過分は通常金利適用 無利息期間経過後は通用金利適用
対象の方 レイクで初めて契約した方
無利息開始日 契約日の翌日から開始
無利息期間中の返済日 あり
適用ご契約額 1万円〜200万円まで 1万円〜500万円まで
適用利率 12.0%〜18.0% 4.5%〜18.0%

 

180日間の無利息は、銀行カードローン、消費者金融でのキャッシングを含めて業界最長です。
5万円までという条件はあるもののその範囲のキャッシングであれば金利を気にする必要はありません。

 

契約時にどちらの無利息期間を利用するか選択ができます。

 

ATM利用手数料が無料

コンビニなどに設置されているATMから借入ができます。

 

新生銀行レイクのロゴ

 

利用可能時間
月曜日 5時00分〜23時50分
火曜日・水曜日 0時10分〜23時50分
木曜日 1時30分〜23時50分
金曜日・土曜日・日曜日 0時10分〜23時50分
第三日曜日 0時10分〜20時00

 

ほぼ24時間ですが第三日曜日だけは時間が短くなっているため気をつけましょう。

 

全てのATM利用手数料が無料となっているためコンビニによったついででも返済を積極的に進めていくことができるはずです。

 

即日融資も可能

銀行カードローンは一般的に審査結果がわかるまでに3営業日程度がかかるものです。
しかしレイクでは即日融資も可能です。
インターネット申し込み、自動契約機、電話、郵送の方法がありますがインターネットで事前に審査結果を確認後に「来店不要のインターネット契約」にするのか「その場でカード発行の自動契約機」にするのかを選択すると良いでしょう。

 

インターネット契約で即日振込を希望する場合には平日14時までに申し込みと必要書類の確認が必須

 

新生銀行カードローンのデメリット

通常金利が高い

 

契約限度額(極度額)が200万円以下の場合
基準残高 適用利率
1〜999,999円 15.0%〜18.0%
1,000,000〜2,000,000円 12.0%〜15.0%

基準残高とは、契約期間中の最大借入残高です。

 

契約限度額(極度額)が200万円超の場合
ご契約限度額(極度額) 適用利率
2,000,001〜3,000,000円 9.0%〜15.0%
3,000,001〜4,000,000円 7.00%
4,000,001〜5,000,000円 4.50%

 

融資限度額が200万円以下の場合、金利は消費者金融と変わらないものになります。
無利息期間の有効活用を考えなくてはならないでしょう。

 

ちょっと便利な裏技

申し込みの入力が完了すると、その画面上に審査結果が出てきます。
審査のスピードが速いこともまたレイクの特徴です。
ただし、審査結果連絡時間帯が決められていますので確認しましょう。

 

通常時間帯 8時10分〜21時50分
毎月第3日曜日 8時10分〜19時

新生銀行カードローンレイク総評

パートアルバイト、年金受給者も借入ができる銀行カードローンではあるものの、通常金利が消費者金融並みというのは気になるところです。
そのため5万円以下のキャッシングならレイクと考えてよいでしょう。
180日間の無利息期間を使えば利息を気にすることなく返済をゆっくり進めることができます。

 


⇒審査・申込はコチラ(公式サイト)

 

消費者金融 プロミス | モビット | アコム | アイフル
銀行カードローン オリックス銀行 | 三菱東京UFJ銀行 | みずほ銀行 | ソニー銀行 | イオン銀行 | 新生銀行 | 楽天銀行 | 住信SBI銀行 | セブン銀行 | じぶん銀行